【社員インタビュー# エンジニア】サービスの継続的な改善に取り組むために、サービスをどうよくしていくかをチームで考えることのできる人と働きたい

今回は、2020年5月に入社したエンジニアの平井さんにお話を伺いました。

システムサポートからエンジニアの道へ

--これまでの経歴を教えてください

大学卒業後、ECショップ向けシステムのサポート業務につきました。その中でスクリプトを触っているうちに、プログラミングをもっとやりたいと思うようになり、勉強してエンジニアに転身したんです。その後、toC向けのアプリのバックエンド、AWS等のインフラ周り、Webサービスのフロントエンドなどを経験したのち、ホワイトプラスに入社しました。

--どうしてプログラミングをもっとやりたいと思ったのですか?

自分の思い描いたアプリケーションを作りたい!と思い立ったのがきっかけです。
そのころはプログラミングもほとんどできなかったし、OSやネットワークなどの必要な知識もまったく無く、それでもどうにかアプリケーションを作ろうと試行錯誤していました。手探り状態でエラーばかり出るし、思い描いた機能はなかなかできないし……という状態でしたが、数ヶ月かけてようやくWebに自分のつくったアプリケーションを公開することができ、そのときは本当に嬉しかったです。

そこから「プログラミングって楽しいな」「サービスを作るのは面白いな」と思い、積極的に勉強するようになりました。自分でまた新しいものを作ったり学校に行って学んだりしているうちに、仕事でもエンジニアリングをやりたいと思うようになり、転職してWebエンジニアになりました。以降、スマートフォン向けアプリのバックエンドや、Webサービスの開発・運用、インフラ構築などに携わっています。

--なぜホワイトプラスに興味を持ってくれたのですか?

もともと『kirehapi』の存在は知っていて、エアコンのクリーニングを頼もうと思って調べていた時に出会いました。求人を見た時に「前に使ったサービスを運営している会社だ!」と興味を持ちました。エンジニアとしてサービスを開発するとき、ユーザー目線を持つというのが重要だと思っているのですが、自分が実際に使ったサービスならば、その点を満たせるなと思ったんです。
そして、技術スタックや求める人材像などの詳細を見て、より惹かれたという流れです。

--技術スタックは合っていましたか?

経験のある部分が半分、経験のない部分が半分というところです。
経験のある部分は、使用言語やオブジェクト指向、フロントエンドフレームワーク(React)、アジャイル開発等です。
経験のない部分は、GKE(※1)やDDD(※2)です。なので、日々の業務を進めながら新しいことを学ぶことができ、いいバランスなのではないかと思っています。
※1 GKE:Googleが提供するKubernetes( オープンソースプラットフォーム )のマネージドサービス
※2 DDD:ドメイン駆動設計・「ドメインモデリング」に着目してソフトウェアの価値を高める開発手法

--ホワイトプラスに入社しようと決めたきっかけは何でしたか?

面接の時にいただいた質問や、逆にこちらからした質問を通して「Humility(謙虚)」「Respect(尊敬)」「Trust(信頼)」の姿勢を大切にされているなと感じたからです。
例えば、バリューとその決め方やチームでの働き方、どのような人が会社に向いているか?について話をしたのですが、いずれも、これらの姿勢を軸にして決めているんだなと思いました。
この姿勢は私も重視しているものなので、この環境なら、心理的な安全性も高く自分が働きやすい環境だろうな、と考えたのが入社の決め手となりました。

--実際に入社してみて、ホワイトプラスはどんな会社だと感じていますか?

皆さんがバリューを大切にされているなと感じました。
新型コロナウイルスの影響で、入社してから在宅勤務が続いています。そのようなイレギュラーな環境下だと、多かれ少なかれ緊張感やストレスがあると思うのですが、皆さんが親切に接してくださるので、入社して数か月しか経っていないのにすごくホーム感があります。
例えば、何かわからないことがあったときに「○○について教えていただけますか?」とslackで質問すると、すぐ回答をもらうことができます。普段の業務であまり関わりのない方が「こういうドキュメントもあるよ」と追加で情報を下さったりすることも……。
なので、5月に入社してから現在までオフィスに行ったのは(コロナの影響で)1回だけなのですが、自分が一人だという風に感じたことはないです。何かあったらお互いサポートしあえる環境だという信頼感があります。

それと、サービスに対して情熱を持った方が多いと感じています。たとえば、リネットをご利用いただいたお客様にアンケートにご協力いただいているのですが、CSの方はその一つひとつに欠かさず目を通して、お客様の声をサービスに反映させるということをしています。

サービスの継続的な改善に取り組んでいきたい

--今後どんなことにチャレンジしてみたいですか?

今ちょうど開発チームにスクラムを導入しようとしているところで、まずはそれをうまく回せるようにしたいです。また、DDDについてももっと習熟したいです。それと、サービスの継続的な改善にも取り組んでいきたいなと思っています。

--どんな人と一緒に働きたいですか?

バリューに共感できる方、あとは、サービスをどうよくしていくかをチームで考えることのできる方と働きたいです。

平井 温子(ひらい あつこ)
ECショップ向け受注管理ソフトのサポートを経験後、エンジニアに転身。バックエンドエンジニア・フロントエンドエンジニアとして開発に携わる。2020年ホワイトプラスに入社。趣味は南の島への旅行。ゲームも好きで、最近はまっているゲームは「デトロイト」。


記事をシェアする