【社員インタビュー#1 エンジニア・永宮悠大】WEBだけでなくリアルなサービスが絡んでいるのが面白い

エンジニア永宮

今回は、リネットの保管付クリーニング「リネット PREMIUM CLOAK」の開発を担当しているエンジニア、永宮さんにお話を伺いました。

エンジニアになるきっかけは、花形のITだと思ったから

--早速ですが、ホワイトプラスに来るまでの経緯や、エンジニアになろうと思ったきっかけから教えてください。

今でこそIT系は珍しくありませんが、私が高校生ぐらいの頃はIT系の仕事が花形と言われる時代でした。
当時、自分自身もIT業界で働くことを目指して、大学は情報系の学部に進みました。そして、大学の授業でプログラミングに出会い、CとかJavaを学んだんです。就職活動でもIT系に絞って、大手電機メーカーのIT系子会社に新卒入社しました。その会社に決めた理由は、R&D部門を自社で持っていて技術研究に力を入れてそうと思ったのと、モノづくりをちゃんとやっている会社のほうが、自分自身いろんな経験をしたり知識を吸収できると思ったからです。

--大手電機メーカーのIT系子会社だったんですね。その会社にはどれくらい在籍していて、どんなことをしていたんですか?

8年間ほど在籍し、俗にいう「システムエンジニア」として働いていました。
業務内容としては、WEB系のシステム開発で受諾開発をしてましたね。スキルマッチ的には、ホワイトプラスと同じような技術です。一番多かったのはPHPで、他にはJava、Ruby。例えばQ&Aサービスや、大量のアクセスが来るようなニュースサイトの開発などを経験しました。

サービスの成長に直接貢献できる、自社サービスの開発に携わりたかった

エンジニア永宮

--8年もいたんですね。そこから転職しようと思ったきっかけって何だったんですか?

転職しようと思った一番の理由は、自社サービスの開発に携わりたかったからです。前職でも受諾開発という形でWEBサービスの開発はしていましたが、受諾はやはり自社サービスの開発ではないので、例えばエンジニアとして、いくら良い設計をしてサービスの成長に貢献しても、クライアントからの評価はされても自分の会社からの評価にあまり繋がらないケースが多かったんです。
クライアントとは契約の時点で、どのぐらいの金額で受けるか決まっているので、どれだけクライアントのサービス成長に寄与しても、契約にプラスαでお金は発生しないんですよね。金額と納期が決まっていて、それに基づきながらクライアントの要望にも応えてねと。
クライアントと、あーでもない、こーでもない、を言いながらサービスを作るのは楽しかったのですが、それが自分の評価にはつながらないから、もどかしさを感じていました。受諾開発のビジネスモデル上、仕方ないこととはわかってるけど、この部分に疑問を抱いたことで、転職活動を始めました。

WEBだけで完結せずリアルなサービスが絡んでいるのが面白い

--では、どうしてホワイトプラスを選んだんですか?

WEBだけで完結していなくて、リアルなサービスが絡んでいるのが面白いなと思ったんですよね。WEBで注文したものが物流会社を通じて、LC(「Lenet Care center」の略。リネットのクリーニング工場のこと)や保管倉庫などに、実際にお客様から依頼された品物が動いていく。さまざまなシステムの対象や登場人物が出てきて、複雑に絡み合っているというホワイトプラスの独特な事業に、エンジニアとしては非常に魅力に感じて、入社しました。
また、技術スタックが結構マッチしていたというのが大きかったですね。転職するまではずっとPHPを触ってきていて、フレームワークもLaravelを使っていたので、自分が持っている武器を活かせると思いました。

あとは自分自身、ホワイトプラスを知る前からクリーニング付きの保管サービスを使用していたので、一ユーザーとして面白そうなサービスだなって思ったのもありましたね。システムの裏側ってどうなっているんだろうとか、ユーザー視点から、もっとこの部分をこうしたほうがUX良くなるなとか。

ピードも重視しているけど考え抜くことを大事にしている

エンジニア永宮

--そういう理由だったんですね。永宮さんは2016年の10月にホワイトプラスへ入社されましたが、入社後に感じたホワイトプラスの特徴を教えてください。

他のベンチャー企業はどうかはわかりませんが、自分が思っていたより、いい意味で落ち着いてて、地に足ついている感があります。
あとは、会社全体としてスピードを重視しているんですけど、その前に考え抜くことを大事にしているところを非常に強く感じているのが、いいなと思います。たぶん、リアルなモノや現場が絡んでくるサービスなので、リリースしてから何かトラブルがあると影響範囲が大きいんですよね。だから、「ちゃんと考える、勢いだけじゃダメ」って文化があるんだと思います。

--たしかに「こんなことやりたい」となっても、「目的は何だっけ?」とよく話に出ますよね。何のためにやるのか、何を解決したいのかって。
さて、今度は会社全体ではなく、エンジニアメンバーについて質問します。エンジニアメンバーの共通してる部分は何かありますか。

エンジニアたちは技術が好きな人が多いですね。もちろん、それぞれ興味を持つ分野は違うけど、何かしら自分が興味を持つ分野がちゃんとある人が多いです。刺激を受けるし、面白いなと思います。

会社としてチーム開発をする場を提供していけるといい

--逆に課題に思っていることはありますか?

エンジニアの人数が少ないこともあって、やや属人化してしまっているところでしょうか。そこをどう解消していくのか、というところですね。必ずしも属人化が悪いとは思っていません。事業のフェーズによっては、属人化したほうが瞬間最大風速も出るでしょうし。でも、そのあたりをうまく見極めてやっていくことが大事というか課題かなと思っています。
また、現状はエンジニア1人につき1プロジェクトという状況が多くあるので、チームで開発する機会がそこまで多くはありません。今ちょうどチーム開発へ移行していく変換期にいるので、これからエンジニアが増えて、会社としてチーム開発をする場を提供していけるといいかなと思います。

将来的にはRFIDタグにして業務をガラッと変えて生産性を上げたい

私が担当する「リネット PREMIUM CLOAK」に関して言うと、お客様の洋服を管理するためのタグが現在はバーコードタグなんですが、将来的にはRFIDタグにして、業務自体をガラッと変えて生産性を上げたいと考えています。
また直近だと、今はPCとバーコードリーダーで洋服のデータを読み込んでいますが、PCではなくiPhone一体型のバーコードリーダーにして業務改善をしたいなと。
個人のキャリアとしては、業務設計とPHPを組み合わせた分野で技術リードしていきたいと思っています。

技術だけでなく事業の成長にも興味関心を持って、磨いた技術を活かす人と働きたい

エンジニア永宮

--最後に、こんな人と働きたいというメッセージをお願いします。

個人的には、エンジニアとしての知識や技術を自主的に磨いていける人と働きたいですね。また、技術だけでなく事業の成長にも興味関心を持って、磨いた技術を活かす人と働きたいと強く思います。
同じ想いの方がいらっしゃれば、ぜひ一度お話聞きに来てください!

永宮 悠大(ながみや ゆうた)
2008年 群馬大学大学院 工学研究科修了。現・日立ソリューションズに入社し、Web系システム開発の受託開発に従事。2016年10月 ホワイトプラス入社。現在は、リネット保管(リネットPREMIUM CLOAK)や生産開発のエンジニアとして活躍中。趣味はクライミング。いつか外岩1級を登りたいと思っている。

記事をシェアする