21年卒内定者のオンライン内定式を行いました!

こんにちは、ホワイトプラス人事の吉川です!
今回はホワイトプラスで初のオンライン内定式を行った時の様子をご紹介いたします。

内定式の経緯

21年卒の内定者は5名ですが、地方の学生が多いことやコロナ禍の影響で

  • オフィスに一度も来ることなく内定承諾に至った学生がいる
  • リアルで内定者と既存社員が顔を合わせる機会がない

ため、内定者が社内の雰囲気を知ることができませんでした。

また既存社員も、リアルで内定者と顔を合わせる機会がないため、どんな新入社員が入ってくるのかわからない状態でした。
そのため、顔合わせの機会を作ることで入社を歓迎し、内定者に少しでも社内の雰囲気を知ってもらう機会にしたいと思い、 オンライン内定式を開催することにしました。

内定式の演出方法

オンラインでの内定式は、いかに対面での開催のものに近づけるか、また、オンラインでの開催だからこそ出来る「演出」が鍵を握ります。そこで、社内のエンジニアにも協力してもらい、より内定者にフォーカスを当てる演出を考えました。

Zoomではスライド共有を行うと、プレゼンをするスピーカーの顔が小さくなって、内定者の顔と内容が一致しづらいという問題があったので、以前、全社イベントで使用したOBS(Open Broadcaster Software)というツールを使うことにしました(詳しくはオンラインで行った全社イベントの記事をご覧ください) 。

ホワプラ発オンライン内定式のスタート!

まず、20年卒の先輩社員と社長による、歓迎の挨拶からスタートです!

先輩社員からの挨拶

1年前内定者として参加したことを振り返りながら歓迎する河村

社長からの挨拶

社内の様子を見せながら、「ともに頑張りましょう!」と期待を込めて語る代表 井下

内定者自己紹介

歓迎の挨拶が終わったところで、内定者の自己紹介と内定証書授与を行いました。

  • 学生時代に頑張ったこと
  • キャラクター
  • 自分を漢字1文字で表すと

上記3つを中心に、5人の内定者に自己紹介を行ってもらいます。

自己紹介の間は、チャットで社員からコメントが寄せられ、趣味がホワイトプラスの部活に興味のある方に、部活勧誘が始まる場面もありました(笑)。

オンラインであっても、社員が内定者に対して興味を持ち、知ることができたのでよかったと思っています。

内定証書授与

今年はオンラインでの開催なので、内定証書を直接手渡しすることができません。内定者の方々には、少しでも内定証書をもらって嬉しい・ワクワクする、と感じてもらうため、ホワイトプラスオリジナルの内定証書をデザイナーの社員が作成してくれました。

また、内定者それぞれの長所を表したデザインも入れているので、一人一人少し違ったデザインにするという愛のこもった内定証書ができました。

21年卒内定者スローガン

最後に、来年4月に入社するにあたり、21年卒内定者全員で大切にしたい共通の価値観を話し合ってもらい、そこからスローガンを決め、発表してもらいました。

21年卒内定者は、人を思いやり、チームワークを大事にすることが大切であると考えたようです。
社内では「英語で表現するなんておしゃれ!」「20年卒のスローガンとは表現が違うね」など、スローガンを見て盛り上がりました!

内定者のみなさんへ

たくさんの企業がある中で、ホワイトプラスに入社することを決めていただき、改めてありがとうございます。ホワイトプラスの全メンバーが新しい仲間が入社することを楽しみにしています。

そして、入社後の成長・活躍をみんなが期待しています。

始めは覚えることがたくさんあるとは思いますが、社内のみんなで全力でサポートするので安心してください。

今はコロナで大変な状況が続いていますが、身体に気をつけながらも残りの学生生活で悔いが残らないように、やりたいことを思いっきり楽しんでください!

元気な姿で皆さんに会えることを楽しみにしています!

記事をシェアする