事業と組織を心遣いでデザインし、社内をAll Happyに!

こんにちは。HRマネージャーの田中です。
2020年1月24日にホワイトプラスでは新年会を開催。新年会では2020年の会社方針発表のほか、ホワイトプラスが大事にしている3つのバリューそれぞれを、もっとも体現しているメンバーを讃える「2019年下半期ホワイトプラス Value Awards」の表彰を行いました。

前回の「気づいたらすぐ行動~FromYou~」部門の仲見川さんに続き、2019年下半期「心遣いで仲間を笑顔にする~AllHappy~」部門で受賞した魚森さんのインタビューをご紹介します。

心遣いで仲間を笑顔にする」って具体的にはどんな行動かはこちらをご覧ください。このバリュー受賞者の選定にあたっては、以下のポイントを見ています。

心遣いで仲間を笑顔にする~All Happy~の表彰基準

  • チームワーク
  • 組織貢献
  • コミュニケーション
  • 気配り
  • フォロー
  • 寄り添い、支援

といった要素を見て候補者をノミネート。
最終的には、それらの行動の“行動量と影響範囲”の大きさで決定しています。

魚森さんの受賞理由は「周囲を支える・喜ばせる気配りやコミュケーション」

社長の井下と

まずは、エピソードいっぱいの表彰状コメントをご紹介します。

2019年に行ったコーポレートロゴのリニューアルでは、多くの社員を巻き込み、チームの一体感が生まれるような気配りを欠かさずに取り組まれていました。10周年パーティーが終わった後には会社に戻って皆の机に新しいロゴの入ったグッズを配るなど、全社視点で、会社と社員全員の未来を真剣に考えているからこその行動・姿勢だと思います。

その10周年パーティーでは、使用する台本や投影資料は誰が見ても分かりやすく、手が込んでいて、イベントに参加するメンバー全員が楽しめるようにプロデュースしてくれました。イベントが成功した要因は魚森さんの頑張りが大きく、これからも続いていく様々な記念イベントの土台を築いて頂きました。

デザイングループにおいて新しい社員の入社が続き、出産イベントでマネージャーが不在になったりと慌ただしい中で、魚森さん自身が忙しい時でも積極的にフォローをし、常に気に掛け、声をかけてアドバイスをしてくれました。自分のことだけでなく、他部署のことまで気に掛け行動に移す姿勢はまさにAll Happyに他なりません。

採用面においては、デザイナー候補者のピックアップ・スカウト・面接をするだけでなく、リファラルで知人のデザイナーやアプリエンジニアに声を掛け面接まで繋げるなど、会社と事業を良くするべく、ご自身の業務範囲を越えて行動されたことも称賛に値します。

事業面においても苦労をいとわずに何事も快く引き受けていただき、決してNoとは言わずに常に出来る方法を考え、スピード感を持ってCRM分野の改善に取り組み成果を出してくれました。

小さなことでもいち早く周囲の変化に気づき、心遣いをもって自ら進んで周囲への手助けをされている行動、高い社交性と会話力で組織を明るくしてくれる行動は、まさに「心遣いで仲間を笑顔にする~AllHappy」を体現しています。よってここに表彰いたします。

受賞した魚森さんにお話を聞きました。

受賞者 魚森さんへのインタビュー

--まずは、名前が呼ばれたときの心境を教えてください。

正直なところ、自分が受賞するとしたらAll Happyかなと思っていました(笑)。
これまでは、新年会の企画・運営に関わっていて表彰を演出する側だったのですが、今回は初めて運営から離れたこと、そしてコーポレートロゴの開発や以前の部署(デザイングループ)のフォローなど、自分の担当領域以外でわかりやすい行動があったので、このタイミングで受賞できたのかなと思いました。
ですので、驚きというより、「あぁ、経営陣やバリュー表彰に関わった方々はちゃんと見てくれていてるんだな」という嬉しさのほうが大きかったです。

--受賞理由を聞いて、ご自身としてはどんな印象でしたか?

あらためて2019年下期の行動を振り返ると、部署の垣根とか関係なくいろいろやってきたなと自分でも思いました。そして、まだ半年しか経っていないのに、もう何年も前にやったことのようにも感じます。
2020年は組織も新しくなったので、もっともっと成果を積み上げていかないとなと気が引き締まりました。

--仕事の進め方で大事にしていることってありますか?

私の場合、チーフデザイナーとして入社したものの、2019年上期には「ふとんリネット」「くつリネット」の事業責任者とデザイングループのマネージャー、そして下期にはマーケティングのCRMグループに異動という、社内でも多くの経験をさせてもらっている方だと思います。
その幅広い業務範囲のおかげもあってか、社内全体を見ながら仕事をしたり、会社や事業、組織が一番いい方向に向くような行動を常に心がけています。それが今回の受賞につながったのかと思います。

--次に挑戦したいことを教えてください

段階的にいろいろと考えています。
2020年に組織が改変され、まずは新しくなったマーケティング部門のCX推進グループ(※)で大きな成果をあげたいですね。
自分の根っこの部分はデザイナーなので、お客様にとっての良い体験をデザインしていきたいです。もっともっとリネットを通じて良い体験を提供していけるように動いていきます。
その後は、ホワイトプラスから出るものすべてのクオリティを担保する人にもなりたいですし、「デザイン」という枠で捉えると、組織デザインにも興味があります。

とはいえ、先のことはわかりません。ただ、自分はその時々に会社や組織に必要なポジション、強化したいところに入って成果を出す存在でありたいと思います。その結果、自分のキャリアの幅がどんどん広がるのが楽しいなと感じています。

※CX=Customer Experience(顧客体験)



魚森さんは6年に渡り、ホワイトプラスをデザインしてくれているメンバーで、組織のムードメーカーでもあります。
これからもワクワクする取り組み楽しみにしています!受賞おめでとうございました!!

魚森 敦史(うおもり あつし)
2004年神戸芸術工科大学芸術工学部卒業。デザイン制作会社2社でグラフィックデザインからWebデザインを経験し、2011年サイバーエージェントの子会社CA Beatで事業会社としてのデザインを経験。2014年3月ホワイトプラスにチーフデザイナーとして入社。「リネット」やコーポレートのブランドデザイン、全社イベントのプロデュースを手掛ける。デザイングループマネージャーや「くつリネット」「ふとんリネット」の事業責任者など歴任し、現在はリネットマーケティング部CX推進グループサブマネージャーとして活躍中。

記事をシェアする