新卒入社から2年目でバリュー大賞を受賞した同期2人の挑戦!

こんにちは。HRマネージャーの田中です。

ホワイトプラスでは半期に一度、バリューを体現しているメンバーを讃える「ホワイトプラス Value Awards」を実施し表彰しています。

2020年上期には、2019年新卒として入社した2人が揃ってバリュー大賞を受賞。
「のびしろで戦う~WhiteSpace~」を受賞したリネットマーケティング部システム開発の杉山さん、「心遣いで仲間を笑顔にする〜AllHappy〜」を受賞したリネットマーケティング部サービス開発を担当する飯塚さんに、対談インタビューでお話を聞いてみました。

ホワイトプラスのバリューについては、こちらをご覧ください。

お2人のバリュー大賞受賞理由はこちら

「のびしろで戦う~WhiteSpace~」杉山さん
「マネージャーに挑戦し、システム開発の仕組み作りにより作業効率を向上」

  • エンジニアの定常業務の知見を貯めていくためドキュメント化。その結果、作業効率は向上、属人化に起因する開発の遅れの発生も抑制
  • マーケティング部システム開発グループのマネージャーに挑戦
  • メンバーの増加に伴うコミュニケーション齟齬の防止及び開発量計測の正確性の課題を解決するためのスクラム開発への挑戦

「心遣いで仲間を笑顔にする〜AllHappy〜」飯塚さん
「コロナ禍でも社員コミュニケーション企画を行い、組織に貢献」

  • コロナ禍でZOOM形式での締め会を行い、自らは司会としてみんなが楽しみながら参加できるようにファシリテート
  • 全社イベントの運営メンバーとして後輩を巻き込み、企画・運営。初のオンラインイベントを実現
  • 在宅勤務でメンバーが少なくなったオフィスでの来客や電話対応、たまに出社したメンバーへの声掛け、新卒メンバーへの心配りなど、ユーモアと明るさを活かしていい影響を与えた

--まずは、それぞれ受賞理由を聞いてどんな印象でしたか?

(杉山さん)
受賞理由を聞いたときは、チームでやってきたのに自分がもらってもいいのかなと思いました。

とにかく手を動かさなくてはいけないという状態で、そこに平井さんが入ってくれて、実現したことが多かったです。

一方で、すごい激務をこなしていたんで、取れるかなって思ったりもしました(笑)。

(飯塚さん)
まずはAllHappyを取れた!という気持ちでした。
というのも、入社前に9周年パーティーに参加して表彰制度を見た時から、ずっと取りたいと思っていたんです。

自分の目標は3つのバリュー表彰を全部取ることです!
バリューなので優劣はないけど、やっぱり「のびしろで戦う」は取りたいですね。
そして、せっかくなら舞台に上がりたいので、コロナが落ち着いたら以前のように会場でやって、そこで受賞したいです。

--杉山さんは2年目でマーケエンジニアグループのマネージャーになりました。やってみてどうでしたか?

とにかく大変の一言ですよ(笑)。

最初は二人でスタートしたグループで、ひたすら手を動かす日々でした。そこに平井さんがジョインしてくれて、スクラム開発に取り組むことができました。
スクラム開発は、これまで個人単位で開発をアサインしていたところ、チームで開発するスタイルです。

一つの開発案件を、細かい単位で開発を区切り、それをチームみんなでシェアして優先順位の高い順から開発を進めていきます。最初は事業側の人に理解してもらうのが大変でした。
個人に依存しないので、見積もり工数のばらつきがなくなることを説明し、理解いただきました。

一見すると、開発が終わるまでの日数が長く感じられるということもあり、依頼された方にとってはもっと早くできるんじゃないといった印象を持たれることもあったかもしれません。
ですが、チームで共通理解をして、各パートを担当していくことで、その後の改善やリニューアルが進めやすくなるので、結果、あとで活きてくるんです。

また、タスクにはドキュメント化も加えてあるので、次に手を入れるときにはそれを見れば誰でもすぐ開発できるような仕組みになっています。

--飯塚さんは、そんな杉山さんをどう見ているんですか?

事業部側としては、少しでも早く機能追加やサービス改善を行っていきたいと思うのですが、開発チームは様々な案件を抱えています。
その中で、事業部と開発チームの間に立ち、双方とコミュニケーションを取りながら、なんとか実現しようとする姿勢は素直にすごいなと思ってました。

自分が同じ立場だったら、こんなにうまく立ち回れません(笑)。

--飯塚さんはお客様相談室からリネットのサービス開発に挑戦しましたが、どうでしたか?

お客様相談室の仕事をしていたところ、カスタマーサクセスのミッションをいただき、顧客理解のためお客様インタビューを任せてもらうことになりました。
ところが、すぐコロナ感染拡大により、インタビューの実施ができなくなり、思うように進みませんでした。

そこで、お客様を感動させるサービスを作ろうということになり、サービス開発に挑戦することになったんです。

お客様相談室ではお客様からの問い合わせを起点に行動していましたが、サービス開発をする際は、ないものをゼロから作らなくてはいけないので、最初は何をしたらいいのかわかりませんでした。

ですが、自分が何もしなければ何も起きない。

まずインサイトという概念を教えてもらい、課題図書を読んでフレームワークに沿って仮説を立てて考えるようにしていきました。

何度もなんどもレビューを受けては考え直しを繰り返していたので、しんどい時はゲーム感覚で楽しみながらやってました。
一方で、一つは何かリリースするという目標があったので、それはプレッシャーでもありましたが、なんとか不織布カバーオプションをサービスリリースをすることができました。

--杉山さんからは、飯塚さんはどんな風に見えているんですか?

苦しんだり喜んだり面白いやつだなと見守ってました。悩んだかと思うと、急にイケイケになったり。解を出そうと一生懸命になっている姿を随分見ました。

(飯塚さん)
杉山には、思考の整理にずいぶん付き合ってもらってました。そういえば最近は夜中の密談してないなー(笑)

--2人が次に挑戦したいことを教えてください

(杉山さん)
マネージャーとしては、エンジニアが働きやすい環境の整備がしたいなと思っていて、具体的にはオンボーディングや資料の整備をしていければと考えています。

あとは個人ごとの目標設定もしっかりやっていきたいです。
そして、メンバーが増えてきたので、バリューの大切さを痛感しています。
みんなにとやかく言える立場ではないので、まずは自分が体現して行動していこうと思っています。そして、次もまた「のびしろで戦う」を受賞したい!

一方で個人のスキルとしては、マーケ知識をもっと習得して、事業コミットできるエンジニアになりたいです。

(飯塚さん)
自分で言うのもなんですが、組織貢献はできていると思うので、今年は事業面でもっと頑張りたいと思ってます。

今は、EC事業グループに移っているので、売り上げを作り、事業グロースに貢献していきたいです。
それだけでなく、他にも拾えるボールはどんどん拾って、どんなことでもやって成長していこうと思います。

また今年も後輩が入ってくるので、仕事の面でも彼らに渡せることをたくさん作っていかないといけないなと感じているところです。


新卒で入社したお2人ですが、素晴らしい成果を出され、ホワイトプラスを引っ張る中心人材として、なくてはならない存在であり、後輩たちの目標になっています。これからのさらなる活躍もとても楽しみです!

杉山さん、飯塚さん、インタビューありがとうございました。
あらためて、バリュー大賞受賞おめでとうございました!!

杉山 希望(すぎやま のぞみ)

2019年 日本工学院八王子専門学校 ITスペシャリスト科を卒業。新卒でホワイトプラスに入社。学生時代のアルバイトやインターン、コンテスト運営などの経験を生かしリネットの開発に携わる。2020年4月よりリネットマーケティング部システム開発グループマネージャー。趣味は釣り、麻雀、ラーメン。

飯塚 祐太(いいづか ゆうた)

2019年 新卒でホワイトプラスに入社。慶応大学卒業。リネットマーケティング部 カスタマーサポートグループにて約1年間お客様対応を経験し、その後、リネットのサービス開発を担当。現在はEC事業グループに所属。趣味はスケートボード、スノーボード。

記事をシェアする