21卒 新入社員5名が入社しました!

こんにちは!広報・人事の高見です。新年度がはじまり、ホワイトプラスにも新卒の新入社員が入社しました!今年は新たに5名の仲間が加わり、4月1日に入社式を実施しましたので、今回はその様子をお届けします。"リアル×WEB"で入社式を実施今年は新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、役員と運営メンバー、新入社員は出社。写真のように会議室にリアルで実施し、その様子をGoogle meetで配信しました。左:司会が進行中/右:出番待機中の社長の井下さんWEB視聴している社員からはこう見える先輩社員が新入社員を他己紹介コロナの影響で在宅勤務が増え、すでにいる社員が新入社員にリアルでなかなか会えない中でも、21新卒のことをみんなに知ってもらいたいリアル×WEBの入社式でも21新卒の入社を歓迎したいという気持ちを込めて、今年は20卒の先輩社員が21卒を他己紹介することにしました。実際にやってみると、新入社員からは「自分の人となりを紹介してくれてめっちゃ嬉しかったです!」「他己紹介から私のことをしっかり見てくださったことが伝わってきて、初日の午前から温かい気持ちになりました!」と好評でした。クリーニングの生産現場から先輩社員が、21卒を紹介している様子昨年のいまごろは新型コロナウィルスが感染拡大し始めたタイミング。そのため20新卒の入社式を実施することができなかったんですが、個人的にはそのことが心残りでした。なので、今回「20卒のみんなが21卒を他己紹介で入社を歓迎しよう」と話したときは、どんな反応をするのか正直緊張したんですが(笑)、1つ上の先輩として他己紹介の準備に前向きに取り組み、そして入社式当日に堂々と発表してくれたので、嬉しかったです。そんな先輩社員の背中を見て、21卒のみなさんがこれからどんな成長・活躍をしていくのかが楽しみです。21卒の新入社員のみなさん、あらためてご入社おめでとうございます。これからよろしくお願いします!21新卒のみなさん、ご入社おめでとうございます!

Read More

21年卒内定者のオンライン内定式を行いました!

こんにちは、ホワイトプラス人事の吉川です!今回はホワイトプラスで初のオンライン内定式を行った時の様子をご紹介いたします。内定式の経緯21年卒の内定者は5名ですが、地方の学生が多いことやコロナ禍の影響でオフィスに一度も来ることなく内定承諾に至った学生がいるリアルで内定者と既存社員が顔を合わせる機会がない ため、内定者が社内の雰囲気を知ることができませんでした。 また既存社員も、リアルで内定者と顔を合わせる機会がないため、どんな新入社員が入ってくるのかわからない状態でした。そのため、顔合わせの機会を作ることで入社を歓迎し、内定者に少しでも社内の雰囲気を知ってもらう機会にしたいと思い、 ...

Read More

はじめて出会った「あなた」に読んでほしい。ホワイトプラスのまとめ記事

はじめまして、こんにちは!2020年に新卒入社した、吉川です。研修期間を経て、人事配属となりました。今後ホワイトプラスについて、情報発信していきますので、よろしくお願いします! 今回は、経営陣が外部メディアのインタビューでお話した記事を中心にまとめてみました!はじめてホワイトプラスのことを知った方エントリー検討段階、採用選考中、これから入社予定でもっと詳しく知りたい方それぞれに向けて、記事をまとめてみたので、読んでいただけると嬉しいです。はじめに読んでほしい記事下記の記事では、ホワイトプラス創業の経緯や事業内容、今後の展望について、代表の井下や役員がインタビュー形式でお話させていただいています。具体的には、ホワイトプラスが求める『ネットとリアルの融合』とはネット完結型クリーニング「リネット」が目指す世界とはホワイトプラスがDXを成功できた理由大型資金調達の背景などについて知れる内容となっています。ホワイトプラスの代表井下孝之氏と取締役斎藤亮介氏が語る、本当のDXとは(2020/04/30) “コツコツ自動化”がグロースの源泉。クリーニングのDXに取り組むホワイトプラスの軌跡と展望(2020/08/03追加)Googleでも手が出せない?「クリーニングのDX」に取り組むホワイトプラスが築いた“参入障壁”(2020/10/06追加)世界に誇れるサービスを作り、新しい日常をつくる(2020/12/01追加)テレビ番組出演代表の井下が、2020年に出演したテレビ番組がYoutubeで視聴できますので、よろしければご覧ください。・テレビ朝日「CHANGE ...

Read More

「どんな問題を解くのか?」という問いを大事にしたい方に読んでほしい。ホワイトプラスの開発環境やエンジニアの働き方とは

こんにちは。ホワイトプラスCTOの森谷です。(写真右)現在はエンジニアリング領域や新規事業開発を管掌しています。今回は、エンジニアの採用面接時によく聞かれることが多い、「どんな人が居て、どんな環境で開発に当たっているのか。どんな人と働きたいと考えているのか」などについてご紹介します。開発対象にしている事業大きく分けると、ネット宅配クリーニング「リネット」と、生活領域マッチングサービスの「キレハピ」の2つです。 オンラインクリーニングのリネットは、取扱商品により布団リネット・靴リネット・リネット保管とさらに分かれ、計5つの事業を開発の対象としています。エンジニアの開発体制や環境は?人数・内訳CTO1名、マネージャー1名、メンバー10名の合計12名で、創業者1名、正社員8名(うち新卒2名)、インターン1名、業務委託2名という内訳になっています。2020年4月度入社見込みでさらに新卒1名が加わり、合計13名体制になる予定です。平均年齢を見ると、エンジニア組織は約29歳と、全社平均年齢の約34歳よりは少し若めですね。テクノロジースタック2018年11月に今後の事業成長を見越し、プロダクション環境をElastic Beanstalk+Docker構成からGKE構成に移行しました。開発環境各エンジニアに貸与しているMac ...

Read More

社員が安心して働き、幸福かつ豊かな生活を送るためにホワイトプラスがやっていること

こんにちは。ホワイトプラス人事の高見です。今回は面談や面接時によくご質問をいただくホワイトプラスの「働く環境」についてご紹介します。ちなみに、コーポレートサイトの採用ページには「データで見るホワイトプラス」として、下記のインフォグラフィックを掲載しています。上記は働く環境を定量的に表したものの一部ですが、今回はそもそもホワイトプラスが組織運営するにあたって、どんな考えや想いを持っているのか。その中で具体的にどうやって社員をサポートしているかについて、まとめたいと思います。そもそもどんな考えや想いで組織運営しているの?私たちは「新しい日常をつくる」というビジョン実現に向けて、会社として大切にしたいことは3つであると考えています。・お客様に支持される価値ある事業・変革と挑戦を続ける会社・コトに向かう自由闊達な組織上記を実現するために、2018年にはバリュー策定をし、その中で「のびしろで戦う〜White Space」という言葉を選び、さらに2019年には「自由闊達に枠をはみ出し、成長・変革し続け高みを目指す」をコンセプトにコーポレートロゴを含むCI刷新をしました。バリューやCI刷新については下記にまとめているので、詳しく知りたい方はご覧ください。・ホワイトプラスが大切にしているバリューとは・ホワイトプラスは、なぜ「CI刷新」をしたのか「自由闊達」とは自由勝手ということではありません。当然、会社としてのルールがあり、仕事を進める上で必要な手順もあります。その上で、現場と経営陣の距離感をできる限り近くしたり、社員がコトに向かって動きやすいように環境を整えたりと、社員一人ひとりが自分らしく活躍できるよう、さまざまな側面から支援する制度を取り入れています。支援する制度というと、真っ先に「福利厚生」が思い浮かぶ方もいるのではないかと思います。そもそも「福利厚生」とは、従業員の幸福が利益につながるという意味の「福利」と、健康と経済の両面で不自由がないという意味の「厚生」、この二つの言葉が組み合わされたもので、幸福をもたらす利益で豊かな生活を手に入れることです。まとめると、ホワイトプラスでは社員一人ひとりが自分らしく活躍しつつ、幸福かつ豊かな生活を送るために、会社として何ができるかという観点で組織運営をしています。(もちろんこれ以外にもありますが、今回は「支援」にフォーカスしているので、割愛します)働く環境についてカスタマーサポート以外の部署は基本的には土日祝日が休日となり、万が一休日出勤した場合は、振替休暇が取れるようにしています。また退社時間のだいたいの目安ですが、残業をしたとしても多くの社員が19時半〜20時ごろに退社しています。オフィス風景役員室は設けず、フラットなコミュニケーションを取れるように設計。また、休憩や社内ミーティングも可能なようにカフェスペースを設けています。オン・オフを大切にし、社員がさまざまなことに挑戦しやすいオフィスを目指しています。社員のサポートについて社員一人ひとりが自分らしく活躍できるように、主に下記5つの側面から社員をサポートしており、全体図はこのようになっています。また社員の生産性向上などを目的に、社内コミュニケーションはslackを、プロジェクトやタスク管理はBacklogやTrelloを使用しています。ホワイトプラスに導入しているサービスの一覧は下図のとおりです。これらの社員サポートについて、もっと詳しく知りたい方は採用ページをご覧ください。また「ホワプラSTYLE」でもいくつか記事として紹介しています。・子連れ出勤について・災害時の在宅勤務について・入社後支援プログラムについて・「風疹予防接種」と「扶養配偶者の健康診断」費用の会社負担について会社も10周年を迎え、社員もそれぞれライフステージが変わっています。それに合わせて会社の制度や福利厚生もアップデートしなくてはなりません。これからもホワイトプラスでは、社員やその家族が「働きやすい」「過ごしやすい」環境をつくり、コトに向かう自由闊達な組織づくりを目指していきます。

Read More