全社員が参加するZoomミーティング開催!
初の試みに新卒2年目が試行錯誤した話

こんにちは。2019年に新卒でホワイトプラスへ入社した飯塚です。リネットのカスタマーサポート部門で約1年、お客様との窓口として電話やメールの対応を行った後、現在はカスタマーサクセスチームに所属しています。具体的には、サービス利用後のアンケートやお問い合わせ内容を元に、お客様はサービスに何を求めているのか、どのような点に不満を抱いているのかなどを集計・分析し、お客様目線で、リネットをより使いやすく、お客様に愛され続けるサービスに成長させるためのプロジェクトに取り組んでいます。ところで、皆さんの会社では、社員全員が集まるミーティングを開催していますでしょうか?ホワイトプラスでは月に1度「月次締め会」という全社員が集まるミーティングを行っていて、各部署の1ヶ月の取り組みと成果を共有する場となっています。新型コロナウイルス感染症の影響と対策実は今年に入ってから、この「月次締め会」の司会という大役を任せていただいたのですが、新型コロナウイルス感染症への対策で在宅勤務が増えたことから、これまでのようにオフラインでの開催ができなくなってしまいました。司会を任せてもらえたことに喜びを感じていたのも束の間、1回司会をやったきり、月次締め会は書面での報告のみになってしまったのです…(涙)そんなある日、人事から「Zoomで月次締め会やってみよう!一緒に考えて!」と声かけがありました。ほかの企業が、Zoomで全社イベントを行っていることは知っていたので、「ホワイトプラスでも同じような機会を作ってみたいな」と考えていたタイミングでした。また入社した時から新卒の自分が中心となって全社を動かすようなイベントを開催したいと思っていたので、「ぜひやらせてください!」と即答し、Zoomでの月次締め会の企画・運営をすることになりました。前置きが長くなりましたが、今回は全社員が参加するZoomミーティング開催に向けた準備と開催した時の様子をご紹介します!オンラインで実施するにあたっての課題と目的を設定まずは、zoomでの締め会を企画するにあたり、改めて在宅勤務下での社内の状況を整理しました。<在宅勤務の課題>・業務で関わることの少ない社員と、会話する機会が減っている・社員それぞれが別々の場所で仕事に臨んでおり、どんな仕事をしているか、どんな風に日々過ごしているかが見えない・月次締め会では全員が一同に集まりホワイトプラスの状態を共有していたが、書面報告では、情報のキャッチアップ・解釈が個人に委ねられる部分があるこのような状態が長く続くことで、下記の懸念がありました。1人ではなくチームであることを意識する機会が減るホワイトプラス全体での一体感が薄れてしまうそこで、「現在会社が抱えている、在宅勤務による課題を解消すること」を目的にZoom締め会の企画を進めようと考えました目的を社長にレビューしてもらう課題と目的を自分なりに考えたので、実際にどのように進めるかを検討する前に、社長の井下さんにレビューをお願いし、次のようなアドバイスをもらいました。・Zoomでの締め会だけでは、課題を全て解決するのは難しい・課題に優先順位をつけて、特に解決しなければならない課題を明確にし、その点にフォーカスしてみるのがいいのではないかいただいたフィードバックを元に、そもそもの月次締め会の目的や意義と照らし合わせ、Zoom締め会で解決すべき点を明確にし、「社員が一同に集まる機会を設け、社内の一体感を生み出ししつつ、情報ギャップを埋めること」に目的を再設定しました。Zoom開催でいかに一体感を生み出すかという難しさZoomで月次締め会を行うということは、自分にとっても、ホワイトプラスにとっても初めての試みだったので、実現にあたり多くの困難に直面しました。その中でも特に苦労したのは「Zoomという環境下でいかに一体感を生み出すか」という点です。オフラインのミーティングでは発表中に聞き手の反応を見ながら話を進めることができます。しかし、Zoomでは、同じ空間にいるわけではないため、相手の反応が見えずらく、全体の雰囲気が感じ取りづらいという大きなデメリットが存在します。これは話し手にとっても聞き手にとっても大きなストレスになるので、双方向のコミュニケーションが取れるような方法を考える必要がありました。また、画面越しの相手の話を長時間聞き続けるには集中力が必要でストレスになってしまう恐れもあるので、短時間で終わらせる工夫も必要でした。そこで、このようなデメリットを可能な限り解消するために、あらかじめ下記のルールを定めました。Zoom開催時の3つのルール①全体のルール締め会全体は30分程度で終わらせるお互いの顔が見えるよう、参加者は原則カメラオンに発表者の声を聞き取りやすくするため、発表者以外は全員ミュートに②発表者のルールいつも以上にゆっくり話す発表の際は、話すことを絞り端的に話す発表資料は発表者が画面共有し、話すペースに合わせてスライドを送る③聞き手のルール普段以上にこまめに反応をする反応の際は大袈裟なジェスチャーやZoomの反応機能、チャットを活用するそして、当日戸惑うことがないよう発表者には事前説明をし、リハーサルもして臨みました!また、Zoom締め会開始時に聞き手のルールを説明し、それに対して実際にジェスチャーやチャットを使って反応をしてもらうことで、これらのルールを理解してもらうようにしました。実際開催してみた様子開始前はうまくいくかとても心配でしたが、いざ開催してみるとけっこう盛り上がりました。オフラインで開催した月次締め会より盛り上がってたかもと思ったり(笑)参加者もチャット機能等をうまく活用しながら、フランクに参加することができていました。また、20新卒の後輩デザイナーに協力してもらい、発表者用のZoom背景を作成したのですが、オフィス内の実写がベースのデザインとなっていたため、出社していると勘違いしている方が続出というハプニングも(笑)代表の井下のトーク場面。たしかにオフィスにいるように見エルこのように、背景で演出を加えることができるのもZoomならではの面白さだなと感じました。ちなみに、私は司会を務めたのですが、ニュース番組風の背景を作成してもらい、発表者に都度都度質問を入れている様子から「本当にニュースキャスターみたい」といったコメントが多々あり、恥ずかしい反面、コメントが盛り上がっていたので嬉しかったです(笑)ニュース番組風の背景がこちら開催してみた感想・まとめ50人ほどの社員が同じタイミングでZoomに参加し、コメントを寄せたりしながら、各部署の発表を聞くことができたため、あらかじめ定めた目的を達成することができたんじゃないかなと思います。実際に聞く側として参加した先輩社員からも、「発表内容を画面共有で確認しながら話を聞けるので、わかりやすかった」「リアルでやるよりチャットで気軽にリアクションができてよかった」といった声も多数いただきました。また、下記のように、予想していなかった嬉しい発見もあったため、オフラインでの締め会にはなかった新しい価値を持った月次締め会になりました。参加者がチャットの機能を駆使してのコミュニケーションが自然と発生しているリアクション機能だけでなく、表情や仕草でお互いの顔を見ながら進行できたお子さんと一緒に参加して下さった方もおり、温かい雰囲気が生まれていたただし、いい点があった反面、改善点も2つほどありました。まず、発表に対する反応方法を聞き手に委ねていたので、発表者からすると聞き手の反応を確認するのに、画面を見ればいいのか、チャットを見ればいいのかが分かりづらくなってしまいました。また、初めてということもあり、進行でもたついてしまった部分があったのですが、発表時間が長くなると、一方通行のコミュニケーション感が強くなってしまうため、時間はなるべく短くする必要があることを再確認しました。終わりに今回、Zoom締め会の企画・運営を通じて「課題を見つけ、それに対して目的とゴールを設定し、実際に解決していく」という一連の流れを経験することができました。この経験を業務でも活かし、カスタマーサクセスチームの一員としてサービス改善に貢献していきたいと思います。また、Zoom締め会を通じて、在宅環境でも全社員が一同に介する機会を設けることができると実感できたのは、ホワイトプラスにとっても大きな一歩ではないでしょうか。7月末にはオンラインでの全社イベントを開催する予定ですので、今回の反省点を活かし、在宅環境の中でも社員同士の繋がりをより一層強められるような機会にしたいと思います!飯塚 祐太(いいづか ゆうた)2019年 新卒でホワイトプラスに入社。リネットマーケティング部 カスタマーサポートチームにて約1年間お客様対応を経験し、現在はカスタマーサクセスチームに所属。趣味はスケートボード、スノーボード。

Read More

はじめて出会ってくれた「あなた」に読んでほしい。
ホワイトプラスのまとめ記事5選

はじめまして、こんにちは!2020年に新卒入社した、吉川です。研修期間を経て、人事配属となりました。今後ホワイトプラスについて、情報発信していきますので、よろしくお願いします! 今回は、経営陣が外部メディアのインタビューでお話した記事を中心にまとめてみました!はじめてホワイトプラスのことを知った方エントリー検討段階、採用選考中、これから入社予定でもっと詳しく知りたい方それぞれに向けて、記事をまとめてみたので、読んでいただけると嬉しいです。はじめに読んでほしい記事5選代表・役員インタビュー下記の3つの記事では、ホワイトプラス創業の経緯や事業内容、今後の展望について、代表の井下や役員がインタビュー形式でお話させていただいています。具体的には、ホワイトプラスが求める『ネットとリアルの融合』とはネット宅配クリーニング「リネット」が目指す世界とはホワイトプラスがDXを成功できた理由大型資金調達の背景などについて知れる内容となっています。❶ ネットで依頼「宅配クリーニング」スタートアップ、15億円を調達して次なる挑戦❷ ...

Read More

「どんな問題を解くのか?」という問いを大事にしたい方に読んでほしい。ホワイトプラスの開発環境やエンジニアの働き方とは

こんにちは。ホワイトプラスCTOの森谷です。(写真右)現在はエンジニアリング領域や新規事業開発を管掌しています。今回は、エンジニアの採用面接時によく聞かれることが多い、「どんな人が居て、どんな環境で開発に当たっているのか。どんな人と働きたいと考えているのか」などについてご紹介します。開発対象にしている事業大きく分けると、ネット宅配クリーニング「リネット」と、生活領域マッチングサービスの「生活手帖」の2つです。 オンラインクリーニングのリネットは、取扱商品により布団リネット・靴リネット・リネット保管とさらに分かれ、計5つの事業を開発の対象としています。エンジニアの開発体制や環境は?人数・内訳CTO1名、マネージャー1名、メンバー10名の合計12名で、創業者1名、正社員8名(うち新卒2名)、インターン1名、業務委託2名という内訳になっています。2020年4月度入社見込みでさらに新卒1名が加わり、合計13名体制になる予定です。平均年齢を見ると、エンジニア組織は約29歳と、全社平均年齢の約34歳よりは少し若めですね。テクノロジースタック2018年11月に今後の事業成長を見越し、プロダクション環境をElastic Beanstalk+Docker構成からGKE構成に移行しました。開発環境各エンジニアに貸与しているMac ...

Read More

社員が安心して働き、幸福かつ豊かな生活を送るためにホワイトプラスがやっていること

こんにちは。ホワイトプラス人事の高見です。今回は面談や面接時によくご質問をいただくホワイトプラスの「働く環境」についてご紹介します。ちなみに、コーポレートサイトの採用ページには「データで見るホワイトプラス」として、下記のインフォグラフィックを掲載しています。上記は働く環境を定量的に表したものの一部ですが、今回はそもそもホワイトプラスが組織運営するにあたって、どんな考えや想いを持っているのか。その中で具体的にどうやって社員をサポートしているかについて、まとめたいと思います。そもそもどんな考えや想いで組織運営しているの?私たちは「新しい日常をつくる」というビジョン実現に向けて、会社として大切にしたいことは3つであると考えています。・お客様に支持される価値ある事業・変革と挑戦を続ける会社・コトに向かう自由闊達な組織上記を実現するために、2018年にはバリュー策定をし、その中で「のびしろで戦う〜White Space」という言葉を選び、さらに2019年には「自由闊達に枠をはみ出し、成長・変革し続け高みを目指す」をコンセプトにコーポレートロゴを含むCI刷新をしました。バリューやCI刷新については下記にまとめているので、詳しく知りたい方はご覧ください。・ホワイトプラスが大切にしているバリューとは・ホワイトプラスは、なぜ「CI刷新」をしたのか「自由闊達」とは自由勝手ということではありません。当然、会社としてのルールがあり、仕事を進める上で必要な手順もあります。その上で、現場と経営陣の距離感をできる限り近くしたり、社員がコトに向かって動きやすいように環境を整えたりと、社員一人ひとりが自分らしく活躍できるよう、さまざまな側面から支援する制度を取り入れています。支援する制度というと、真っ先に「福利厚生」が思い浮かぶ方もいるのではないかと思います。そもそも「福利厚生」とは、従業員の幸福が利益につながるという意味の「福利」と、健康と経済の両面で不自由がないという意味の「厚生」、この二つの言葉が組み合わされたもので、幸福をもたらす利益で豊かな生活を手に入れることです。まとめると、ホワイトプラスでは社員一人ひとりが自分らしく活躍しつつ、幸福かつ豊かな生活を送るために、会社として何ができるかという観点で組織運営をしています。(もちろんこれ以外にもありますが、今回は「支援」にフォーカスしているので、割愛します)働く環境についてカスタマーサポート以外の部署は基本的には土日祝日が休日となり、万が一休日出勤した場合は、振替休暇が取れるようにしています。また退社時間のだいたいの目安ですが、残業をしたとしても多くの社員が19時半〜20時ごろに退社しています。オフィス風景役員室は設けず、フラットなコミュニケーションを取れるように設計。また、休憩や社内ミーティングも可能なようにカフェスペースを設けています。オン・オフを大切にし、社員がさまざまなことに挑戦しやすいオフィスを目指しています。社員のサポートについて社員一人ひとりが自分らしく活躍できるように、主に下記5つの側面から社員をサポートしており、全体図はこのようになっています。また社員の生産性向上などを目的に、社内コミュニケーションはslackを、プロジェクトやタスク管理はBacklogやTrelloを使用しています。ホワイトプラスに導入しているサービスの一覧は下図のとおりです。これらの社員サポートについて、もっと詳しく知りたい方は採用ページをご覧ください。また「ホワプラSTYLE」でもいくつか記事として紹介しています。・子連れ出勤について・災害時の在宅勤務について・入社後支援プログラムについて・「風疹予防接種」と「扶養配偶者の健康診断」費用の会社負担について会社も10周年を迎え、社員もそれぞれライフステージが変わっています。それに合わせて会社の制度や福利厚生もアップデートしなくてはなりません。これからもホワイトプラスでは、社員やその家族が「働きやすい」「過ごしやすい」環境をつくり、コトに向かう自由闊達な組織づくりを目指していきます。

Read More

新入社員を歓迎し、早期に活躍できるようにやっていること

こんにちは。ホワイトプラス人事の高見です。今回は新入社員(新卒・中途問わず)をどのように迎え入れ、どのようにオンボーディングをしているかについてご紹介します。もともと前職でもこの辺りに少し関わっていたこともあり、また入社2日目に社長の井下から「入社時オリエン作って」と言われたこともあり(どちらかといえば、入社オリエン受ける立場なのに作らせてもらえるなんて笑)、2017年7月より作り始め、そこから何度かやりながらアップデートしています。そもそもオンボーディングとは?何のためにやるの?「オン・ボーディング(on-boarding)」とは、「船や飛行機に乗っている」という意味の「on-board」から派生した言葉。本来は船や飛行機に新しく乗り込んできたクルーや乗客に対して、必要なサポートを行い、慣れてもらうプロセスのことを指します。人事用語としては、企業が新たに採用した人材を職場に配置し、組織の一員として定着させ、戦力化させるまでの一連の受け入れプロセスを意味します。」HR pro参照新しい環境にジョインすることは緊張や不安があり、ストレスが少なからずあると思います。それは新卒入社者だけでなく、中途入社者であってもです。例えば大手企業から社員数60名ほどのベンチャーに環境を変えたら、前職と違いすぎて戸惑い、慣れない部分もあると思います。具体的には、下記のようなことが挙がるかなと思います。・何からキャッチアップすればいいんだろう・どんな風に仕事を進めればいいんだろう・入社後どんなことやるんだろう・先輩社員や周りのメンバーとうまくやっていけるかな・他の部署はどんなことやっているんだろう・早く活躍するためにはどうしたらいいんだろう「これらの緊張や不安を解消しつつ、できる限り早いタイミングで実力を発揮して活躍することで、個人も会社もお互いにHappyになれるように」という目的で、オンボーディングの設計・運用をしています。具体的なプログラムは?どんなことやっているの?具体的には早期に活躍するために必要なことを7つに分類し、それぞれオリエンテーションや面談等のプログラムを策定、実施しています。これをホワイトプラスでは「入社後支援プログラム」と呼んでいます。早期に活躍するために必要な7つのこと入社を歓迎する人を知る会社のルールを知る会社の歴史を知るビジョンの理解各事業/組織の理解個別ケア今後も上記はアップデートしていく予定ですが、いったんこのカテゴリで時間軸を含めて、入社後支援プログラムの全体図を整理したものがこちらです。せっかくなので、いくつかの取り組みについてご紹介します。①入社歓迎/人を知るA)Welcome Boxホワイトプラスの社員証やロゴステッカー、パーカー、バリューがデザインされたTシャツやステッカー、White ...

Read More

【ホワプラの部署紹介#2 エンジニアグループ】「言われたことしかやらない」では、ここにいる意味がない。お客様に価値を届けるために大切な価値観とは

今回は、現在リネットマーケティング部システム開発グループのマネージャーとして活躍する杉山さん。エンジニアグループのミッション、仕事内容、大切にする価値観について、お話ししています。