【社員インタビュー#9 マーケター・枝直樹】サービスに愛着や魅力を感じるか。それがないと良い顧客体験は提供できない

今回は、2019年12月に入社したマーケターの枝(えだ)さんにお話を伺いました。

顧客起点の取組みをきっかけにIT・システム担当からCRMマーケターの道へ

--これまでの経歴を教えてください

私はもともとマーケターだったわけではなく、はじめはITとは関係ない車両製造企業で、たとえば冷蔵機能がついた特装自動車の設計を行っていました。
その後、服好きだったことから、衣食住ブランドを運営する企業に転職してアパレル事業の販売員として接客・VMD(※1)・分析業務・マネジメントなどを経験しました。そして、別のアパレル事業に異動後は、IT・システム部門を経てCRM(※2)戦略担当として、マーケティングや顧客分析だけでなく、アプリ開発、店舗・ECのメンバーサービス統合、データドリブン推進のためのKPIダッシュボード開発など、顧客体験の向上に向けた取り組みに携わってきました。

※1 VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング):視覚に訴える魅力的な売り場づくり
※2 CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント):顧客関係管理

--マーケターになろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

前職のアパレル事業での経験からです。
前職では、IT・システム担当として自社の顧客分析や商品分析を行っていました。そこではマーケティング部門、販売部門、商品部門など、さまざまな部門と連携する機会も多かったのですが、当時は会社として顧客起点やCRMの取組みがあまりできていないと感じていたんです。
そこで、「CRM戦略を推進したい」という想いを当時の上司に伝えたところ、会社でCRMというポジションが新設され、CRM担当になったのがきっかけです。

初めからマーケティングをやりたい!とは考えておらず、顧客起点での取組みをしていたら、いまのマーケッターという職種にたどり着いたカンジですね。

お客様に良い顧客体験を提供するには、自分がサービスに“愛着や魅力”を感じるかどうかが重要

--なぜホワイトプラスに興味を持ってくれたのですか?

正直いうと、転職紹介サービスでスカウトされるまで、ホワイトプラスのことは知りませんでした。ただ、調べてみると「リネット」というネット完結型クリーニングサービスを運営していることを知り、「面白そうだな」と思ったのがきっかけです。
あとは、「リアル×テクノロジー」のサービス業態であることや、前職の同僚にサービスを利用している人がいたことで興味を持ちはじめました。

--ホワイトプラスに入社した決め手は何でしたか?

面接でお会いした方達と一緒に働きたいと思ったこと、そして「リネット」というサービスに魅力を感じたことの2つが大きな理由ですね。
選考でお会いした方々はとても話しやすく、選考が進む中で皆さんの「もっとサービスをよくして成長させたい」という想いを感じました。
また、CRM・マーケティングとして、サービスやプロダクトに“愛着や魅力”を感じるかどうかも重要視していました。その気持ちがないと、お客様にサービスの魅力や良い顧客体験を提供することができないと思っているからです。

他社からも内定をいただいていましたが、この2点が決め手となりホワイトプラスに入社を決めました。

--実際に入社してみて、ホワイトプラスはどんな会社だと感じていますか?

会社のバリューを大切にしていて、みんながバリュー に共感し、それを体現している方ばかりだなと率直に感じました。
どの企業にもビジョンやフィソロジー、バリューなどありますが、ここまで浸透している会社はないのでは?と思うくらいです。
皆さん業務が忙しいにも関わらず、困っている人がいたら進んで対応する、自分の担当領域以外のことにも自発的に協力して取り組むなど、一部の人だけではなく、みんながその意識を持っているなと感じます。たとえば、デスクや椅子の移動など全社員に協力して欲しいと声を掛けるとすぐにみんな集まってやっていたり。
些細なことですが、とにかくみなさん優しいです!

“クリーニング”という枠にとらわれず、柔軟に考えて、お客様が喜ぶことならどんどんチャレンジしていきたい

--今後どんなことにチャレンジしてみたいですか?

現在はマーケティング部のCRM担当として、キャンペーンの企画やコミュニケーション改善、メールやアプリ、LINEなどの配信内容やタイミング、ストーリー設計のほか、アプリ改善などのプロジェクトに携わっています。
まずは現在の業務を着実にやり切り、お客様にとって最適なコミュニケーションやアプローチをしていきます。
そして長期的には、お客様にもっとリネットを好きになっていただける、リネットを利用することがステータスになるような体験の企画・実施をしていきたいですね。そこでは、“クリーニング”という枠にとらわれず、柔軟に考えて、お客様が喜ぶことならどんどんチャレンジしていきたいと思っています。

--どんな人と一緒に働きたいですか?

前向きな人です。できない理由を探すのではなく、どうすればできるのかを考えて行動できる人。

何か新しいことを始めるには、必ず困難や壁にぶち当たって実現が難しくなる場合もあります。それがお客様のためにならないことであれば仕方がないですが、お客様のためにやった方が良いことであれば、単に「仕方ないね」で終わらせるのではなく、制限がある中でも「どうしたら実現できるか」を考えられる人と一緒に働きたいです。

枝 直樹(えだ なおき)
車両製造企業にて特装車の設計を経験した後、衣食住ブランド企業の複数のアパレル事業部に約8年間在籍し、販売員からIT・システム部門、CRM戦略など幅広く経験。2019年12月にホワイトプラス入社。現在は、リネットのCRM担当として活躍中。趣味はサッカー。プレーも観戦も大好きで休日はフットサルで汗を流す。

記事をシェアする