新しい役割に果敢にチャレンジ。常に“できる方法”を考えて挑む、時短サブマネージャーの「White Space(のびしろ)」

こんにちは。HRマネージャーの田中です。

ホワイトプラスでは2018年にバリューを策定。社員が大事にしていく行動規範を決めました。半期に一度、3つのバリューそれぞれをもっとも体現しているメンバーを讃える「ホワイトプラス Value Awards」を実施し、表彰しています。

2019年上期は、これまで「気づいたらすぐ行動~FromYou~」部門受賞の宮地さん「心遣いで仲間を笑顔にする~All Happy~」部門受賞の江幡さん「のびしろで戦う~White Space~」部門2名の受賞者のうちの一人、加藤さんのインタビューをご紹介してきました。
今回は、「のびしろで戦う~White Space~」部門2名の受賞者の一人、CS(カスタマーサポート)グループの岡江知恵子さんにインタビューをしました。

「のびしろで戦う」って具体的にはどんな行動かはこちらをご覧ください
このバリュー表彰者の選定にあたっては、以下のポイントを見ています。

のびしろで戦う~White Space~の表彰基準

  • 成長
  • 今までやったことがない挑戦
  • 事業貢献
  • 成果

といった要素を見て候補者をノミネートし、最終的には ”これまでと比べて成長度合い(差分)” で決定しています。

岡江さんの受賞理由は、「チーム全体の成長と業務の仕組化による応対品質の向上を実現したこと」

社長の井下からトロフィーと賞状を授与される岡江さん

以下は表彰状のコメントです。

岡江さんは元々アルバイトとしてホワイトプラスに入社し、その後、契約社員、時短正社員と着実にステップアップしてきましたが、この半年間での成長は目覚ましく、のびしろで戦ってくれました。

まず、これまでやったことがなかった応対品質を岡江さんが主体となり、チームとして運用を定着させ、PDCAが回る仕組みを構築してくれました。

複数いるSV(スーパーバイザー)の中で、自分がSVのリーダーという意識で組織を牽引し、さまざまな定例ミーティングを主催し、 他部署を巻き込みながら課題解決に精力的に取り組み、その結果、現場で起きる問題の解決スピードが上がり、メンバーの生産性向上やES(従業員満足度)向上に寄与してくれました。

また、問い合わせ率を改善するために、問い合わせ内容を分析しFAQを改善するという取り組みを、他部署を巻き込んで一緒にサービス改善するという取り組みに発展させる案を提案し、自ら実行までして、部署横断の活動の仕組みを作ってくれました。お客様目線でのサイトの改善も提案し、CVRの改善にも寄与してくれました。

さらに、CSグループのマネジメントに必要なKPI数値管理を「自分にやらせてください」と手を挙げ、自分だけでなくチーム全体の成長のために数値管理や定例MTGのファシリテートをチーム内でローテーションする仕組みを発案し、次に誰がマネージャーになっても一定レベルのマネジメントができる仕組みを構築してくれました。

そして、下期からの体制変更の話が出るとサブマネージャーに立候補し、常に新しいことにチャレンジする姿勢、行動をしてくれました。
これまで経験したことがない新しい挑戦に本気で取り組み、自分だけでなくチーム全体を成長させ、仕組みまで作ったその行動は、まさに「のびしろで戦う~White Space~」を体現しています。よってここに表彰いたします。

受賞した岡江さんにお話を伺いました。

受賞者 岡江さんへのインタビュー

--受賞理由を聞いて、ご自身としてはどんな印象でしたか?

「自分が!?」と驚きの感情を抱いた反面、自分なりに懸命にやってきたことを評価していただけたこと、貢献できる部分があってよかったと思いました。

また、受賞できたこともそうですが、喜んでくれた上司や先輩方、仲間がいてくれたことが私にとって何よりも一番嬉しかったです。

--これまで着実にキャリアアップされてきていますが、成長する上で一番壁に感じたのはどんなことでしたか?

一番の壁は自分です(笑)時間と心のバランスでしょうか。

ワークライフバランスを維持するために、常に自分と戦っていた気がします。仕事も家庭も自分自身の生き方として中途半端にはできないし、したくないと思っています。自分の役目、役割は何なのか、日々必死に考え、悩み、可能な限り挑戦し続けてきました。
これからも自分自身が一番の壁になってくると思うので、穏やかな気持ちは忘れないように心がけ、一つひとつ課題に向き合いクリアにしていきたいです。
また、私は人に恵まれたことで支えられ、その壁を乗り越えることができたんだと思います。

--岡江さんが日頃、仕事で大事にしていることってどんなことですか?

今ある環境をあたりまえだと思わずに、感謝の気持ちを忘れないことは日頃意識するようにしています。また、これからも絶対に忘れてはいけないことだと思っています。

大小問わず、環境は日々変化し続けていくので、今後環境が変わったとしてもその信念だけは絶対に曲げないように、初心を忘れないように心がけたいです。

--これから、さらに挑戦したいことを教えてください

今日までの経験問わず、できる限りいろんなことに果敢に挑戦したいです。

7月からサブマネージャーとして役割をいただけていますが、まだまだ未熟なのが現状です。
ただ、与えられた役割や期待に応えられるように、できないと思わずにできる方法を考えて挑み続けていき、自分らしく成長し続けていけたらな、と思っています。
また、結果として私自身が誰かのプラスの力になれるような存在でいられたらいいなと思います。



「自分の役目、役割は何なのか」を考えて行動しているという岡江さん。
自己成長だけを考えるのではなく、貢献の観点を強く持ち、周囲への感謝を忘れない。そんな岡江さんの受賞、あらためて嬉しく思いました!
おめでとうございます!!

岡江 知恵子(おかえ ちえこ)
丸井や銀座プランタンにてアパレル店の店長を経験した後に、ホワイトプラス創業時のリネット検品センターにアルバイトとして勤務。検品センターの移管に伴い、一度はホワイトプラスから離れることになったものの、2014年12月リネットのCS(カスタマーサポート)部門に復帰。オペレーターからSV(スーパーバイザー)、現在はサブマネージャーとして活躍。小学生のお子さんを持つワーキングマザー。

記事をシェアする