【社員インタビュー #エンジニア】「誰と一緒に仕事をするか」が大切。チーム力の向上に貢献していきたい

こんにちは!21卒の内村です。

今回は、今年3月に入社されて、リネットのWeb開発を中心に活躍されているエンジニアの德廣さんに、ホワイトプラスに入社した経緯や、今後の展望についてお聞きしました!

生活という何気ない空間を、テクノロジーを使って豊かにすることに魅力を感じた

--これまでの経歴を教えてください!

いわゆるSIerを約12年間していました。

役割としてはプロジェクトマネージャーやテックリードを、領域としては営業・要件定義からインフラ・設計・実装・運用保守まで経験しました。

また、組織内の新しいプロジェクト方式を作成したり、新たなアーキテクチャの策定・導入支援、社内の勉強会の開催など幅広くやっていました。

おかげで器用貧乏なところはありますが、沢山の経験をさせていただきました。

--どうしてエンジニアになろうと思ったのですか?

小学生の頃に父から、仕事で持ち帰ったPCを「ちょっと席を外すから、本の通りにセットアップしてみて」と言われたのが、この業界に入るきっかけでした。

また、ゲームが好きで、情報を交換するために掲示板やチャットを作ったりしていました。

元々何かを作るのが大好きだったので、エンジニアという職業が合っていたのだと思います。

--なぜホワイトプラスに興味を持ってくれたのですか?

ビジョンの「新しい日常をつくる」に惹かれたからです。

私が思い描くエンジニア像に「人を幸せにする小さな発明を積み重ねる」というものがあります。
生活という何気ない空間を、テクノロジーを使って豊かにすることに魅力を感じました。

--技術スタックは合っていましたか?

主にC#、PHP、Kotlin、Vueを使ってきたため、GoやReactはほぼゼロからのスタートでした。

ただ、アンマッチな技術があれば適宜チームでフォローしてもらえますし、コードレビューでのやりとりが活発なので、業務や技術もキャッチアップできています。

入社時に作成している自己紹介カード

--ホワイトプラスに入社しようと決めたのはなぜですか?

「どんな人と一緒に仕事をするか」を大事にしている点が、私の価値観と合っていたからですね。

私は、個人の成長がチームや組織全体の成長に繋がると思っています。

個人の成長には、「組織やチームが個人の成長を尊重すること」が大事です。その組織やチームを構成しているのは個人の集合ですので、結局のところ「個人それぞれがどれだけ自分や他人という個人の成長を尊重できるか」だと考えています。

ホワイトプラスの面接では、技術・即戦力という点の他にも、「チームでレベルを上げるためには?」「モチベーションを保つためには?」といった点を深く話すことができました。
そこで「個人がチームを、チームが個人を大事にしているな」と感じ、好感を持ちました。

また、現マネージャーとの面接では実際の社内チャットのやりとりを見せてもらうなどして、コミュニケーションの雰囲気もイメージできました。

--実際に入社してみて、ホワイトプラスはどんな会社だと感じていますか?

ホワイトプラスの3つのバリュー※(All Happy、From You、White Space)を実感できています!

チーム内外問わず気付いたら行動し、仲間の笑顔を大切にしている人がとても多いですね。また、変革を恐れず立ち向かい挑戦するような、のびしろのある会社だと感じます。

※3つのバリューについてはこちら

--入社して環境が変わったと思いますが、ギャップを解消するために業務面でしている工夫はありますか?

所属するチームや会社が変わると、「技術の使い方や解釈が微妙に異なる」という場面に出くわすことがあります。この場合、進め方を最初にすり合わせることが重要になります。

私は自分から「勉強会」を開催することで、このギャップを解消しました。
勉強会では、課題へのアプローチ方法のすり合わせを中心におこない、結果、ホワイトプラスの業務に私の知見・技術を適応させることができました。

また、新卒メンバーには私の知見を教える場にもなったので、一石二鳥で有用な勉強会だったのではないかなと思います。

--今後どんなことにチャレンジしてみたいですか?

チーム力の向上にチャレンジしたいと思っています。

チームの技術力向上だけにとどまらず、「メンバーが安心して業務に取り組める、チームとしての力」を上げるために貢献したいと思っています。

直近では、新しい視点での振り返りを体験してもらうために、今までとは異なる振り返りフレームワークを開催させていただきました!

--どんな人と一緒に働きたいですか?

自分も含めた「個人」を大切にする方と一緒に働きたいですね。

自分を犠牲にすることで、他人(チーム・組織・ユーザー)を瞬間的に喜ばせることは簡単ですが、いつか破綻してしまうと思います。

他人を継続的に喜ばせるためには、自分も大切に、楽しく仕事ができる環境を作っていくのが大切だと思うので、ぜひそういった方と一緒にチーム力を高めていきたいです!


德廣さん、ありがとうございました!

ホワイトプラスではエンジニアを募集しています。
興味をお持ちいただけたら、ぜひお気軽に面談にお越しください。
※募集要項はこちら

德廣 陽介(とくひろ ようすけ)
2022年、Slerを経てホワイトプラスに入社。休みの日は映画鑑賞、ゲームをしていることが多く、特にアベンジャーズが好き。好物はKFC。家でサーバーを立てて触って遊んでいるくらいにはプログラムを書くのが好き。

記事をシェアする